スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水泳の北島康介選手は・・・・夢が目標に変わる瞬間がある。。。。

と、本に書いていました。


ジャイアンツの上原選手は、「夢という言葉は、使わず、目標という言葉を使うようにしている。」とTVで、言っていたのを聞いた事が、あります。

僕は、夢という言葉が、大好きです。

この言葉を、聞いたり、使ったりしていると、なぜか・・・ワクワクしてきます。

僕の大きな夢は・・・『世界一のスポーツトレーナー』

夢の通過点として、大きな目標を3年後に設定しています。

確かに・・・3年後は・・・夢という言葉は使わないかも・・・

実現のイメージが強くなればなるほど、目標という言葉を使ってしまうのかもしれません。

今、描いている夢が、やがて目標になって、そして、その目標が実現していく。


僕は、『2007年カリスマトレーナーとしてTV出演』というのが・・・ずっとずっと前から目標にしていた事で・・・

毎日、この目標を紙に書き・・・・そして、読んでいました。


カリスマ・・・・では、なかったですが、2007年5月に、TV初出演が実現でき、今でもTVの、お仕事を頂いています。

目標設定の大切さを実感できた出来事でした。



今現在も、具体的には言えませんが・・・・3年後の目標設定は、はっきりしています。
これも、毎日、紙に書き・・・そして、読んでいます。

僕には、この方法があっています。  自分の子供にも教えてあげたい方法です。

是非、試して下さい

夢は、必ず叶う!

あへあほ 携帯用


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。